ベトナムについて
Vietnam
日本との時差-2時間
時差が少ないので、現地との連絡もあまり負担になりません。
東京・大阪・名古屋から飛行機で約6時間
首都ハノイへは6時間、ホーチミンへは5時間半ほど
国民の8割が日本と同じ大乗仏教
儒教の精神が浸透していることもあって、凶悪犯罪は少なく治安も心配ありません。
平均年齢30歳前後
勤勉な若者が多く、世界でも経済成長が著しい国です。

ベトナムについての基本概要

正式名称ベトナム社会主義共和国
国土面積約33万Km² (九州を除く日本に相当)
首都ハノイ (HANOI)
政治体制社会主義共和制 ベトナム共産党単独政権
気候(北部)亜熱帯気候
(南部)熱帯モンスーン気候
人口約9,762万人(2020年)
人種54民族(約87%キン族)
宗教大乗仏教 80%
非識字率6.7%
時差-2時間
交通手段東京・大阪・名古屋から飛行機で
ホーチミンへ 約6時間(通常毎日)
ハノイへ 約5時間30分(通常毎日)

ベトナムの魅力

市場価値拡大、世界各国から集まる海外投資

ここ数年ベトナムのGDP成長率は6%台後半を維持し、最も魅力的な新興市場として成長を続けています。
すでに各国企業がベトナムでの商機を求めて参入しており、日本貿易振興機構(JETRO)が公表している「アジア・オセアニア進出日系企業実態調査」によれば、ここ数年ベトナムに投資している日系企業のうち、約65%が黒字を達成しており、約70%がベトナムでの事業拡大を計画しているとの結果が出ています。2020年は、新型コロナ感染症の影響により10年ぶりの低水準の成長率となりましたが、近隣諸国がマイナス成長の中、ASEAN内で最も高い成長率を記録しました。

安定した政治、社会

共産党一統独裁による社会主義国家ですが、政権運営は、合議制を重視する調整型の色が濃く、他のASEAN諸国でみられる突然の政権交代による社会情勢不安の可能性は極めて低いと考えられます。
また、国民の8割が日本と同じ大乗仏教を信仰し、儒教の精神が広く浸透していることもあって、凶悪犯罪は少なく、治安の心配も少ないと言えます。

経済成長を支える、向学心が強く勤勉な国民性

ベトナム人の特徴として「勤勉」「真面目」「忍耐強い」「技術習得が早い」「手先が器用」とよく言われています。
また国民の平均年齢が30歳前後と若い力に溢れており、ベトナムの経済成長を支えています。
これに加えて、ベトナム人と日本人の国民性には、謙遜、はにかむ、仲間意識などの共通点が多く、日本人が溶け込みやすい点も魅力です。

ベトナム人の特徴

器用
手先が器用で、正確な作業が得意な人が多いです。バイク等を自分で直したり、刺繍や縫製製品も伝統工芸として有名です。
向学心旺盛
労働意欲も高く、非常に勉強熱心で、新しい知識やスキルを身につけることに積極的です。
近視眼的
歴史上の背景もあり、中長期的に物事を考えるよりも、今日明日を重要視する傾向があると言われています。
男女問わず意欲的
ベトナムでは、管理職は女性の方が多いところもあるほど、女性も非常に勤勉で意欲的な人が多いです。

ベトナム人の特徴については、一般的にこのように言われることが多く、日本の企業からも人気があります。
しかしながら、こちらはあくまで一般論です。
日本人にもいろんな個性があるように、ベトナム人にもいろんな個性があります。
私たちは一般的な特徴を把握しながらも、その人個人の個性や文化を尊重しサポートしています。